しわの原因と乾燥

乾燥は、しわの原因になるので注意しなければなりません。加齢によって肌がたるんでくるとしわの原因になりますが、乾燥することでもしわになるので、注意しなければなりません。肌が乾燥した状態が続くと、角質が皮膚を保護しようとして厚くなってきます。水分や皮脂は肌を守るためにあり、それがなくなると皮膚は表面の角質を肥大させることになります。角質層が厚くなると、水分を保つ機能がより一層、損なわれることになり、肌の柔軟性も失われてしまいます。そうなると皮膚表面が剥がれやすい状態になり、隙間から水分がさらに蒸発することになります。肌が乾燥すると、皮膚の奥の水分までもが失われることになり、最終的に柔軟性を失った表皮に、しわができてしまうのです。乾燥を放置すると、しわの原因になるので、普段から皮膚が乾燥しないよう、しっかり保湿してスキンケアしていかなくてはなりません。乾燥によるしわの直接原因は、コラーゲンの減少にあると言われています。そのため、コラーゲンの原料であるアミノ酸をしっかり補給していく必要があります。

ミュゼのフリーダイヤルでの予約

Leave a Reply