しわの原因と筋肉の老化

しわと筋肉は密接に関わっていて、しわがふえる原因は、筋肉が衰えることにあります。年を取って表情筋が使われることが少なくなってくると、しわができやすくなります。目もとのしわ、口もとのしわ、ほうれい線など、顔にしわができると、老け顔になってしまいます。しわはまさに、老化のサインなのです。顔のしわは顔の筋肉と大きく関係していて、表情筋が老化すると、顔の筋肉全体がゆるむことになります。結果、肌のたるみとなって現れ、しわになってしまうのです。顔の表情筋が老化すると、表情筋が皮膚を支えられなくなり、肌自体の重みで下の方へと徐々に下がってきます。頬の肉が垂れ下がると、皮膚はその重みで下方向に引っ張られ、目の下にしわができるようになります。そうなると、目の脇辺りも垂れてくるので、俗に言うちりめんしわができてしまうのです。筋力が低下すると、それが原因でしわが増えます。しわは、目の下、目のワキ、口元、ほうれい線などによく現れ、表情を動かす際、あまり使われないところに現れる特徴があります。表情筋の筋力が低下すると、皮膚がたるみやすくなって、しわができやすくなります。肌のたるみが進むと結果的に、しわの原因になるのです。

Comments are closed.