皮膚科での多汗症の治療

手のひらや背中など、特定の部位に大量の発汗をする多汗症は、体質的な要因に起因することが多いですが、中には精神性の多汗症もあります。近くの人が気づくくらいにたくさん汗をかいたり、衣服にあせのシミができてしまうという方もいるといいます。汗のにおい自体はさほどでもありませんが、汗をかいたままでいると体が蒸れて臭いがする場合もあります。汗腺から皮脂が出て、その皮脂が時間の経過によって酸化したために、臭いがきつくなることも考えられます。ボトックスを注射することで、多汗症の治療を行うことが可能です。発汗を促す筋肉の働きをとめる作用があるというボトックスは、ボツリヌス菌が生成される、多汗症の治療用の薬です。多汗症の治療にボトックス注射を使うデメリットは、保険が適用されないことです。ボトックス注射の効果は、2~3カ月で失われますので、定期的にボトックスの注射をしなければいけなくなります。発汗量が多いと、どうしても体から発散される臭いが強くなりますので、体をきれいにするために、お風呂で体を洗いましょう。汗の臭いを少しでも減らしたいという場合は、風が通りやすい涼しい服を着たり、汗取りパッドを使うなどの方法が推奨されます。多汗症の人の中には、足の裏の汗の量か多く、靴の中がくさくなってしまう人もいます。汗を吸い取りやすい靴下をはいたり、サンダルで過ごすことが可能であればサンダルで過ごすなどの心がけが、臭いを緩和してくれます。くよくよと臭いを気に病まないようにすることも、汗の量を減らす効果かあるといいます。多汗症の症状で悩み過ぎると、人前に出るだけで焦りや不安から汗をかくようにもなりますし、場合によっては心療内科での治療を受けなければならなくなってしまいます。

Comments are closed.